アクセサリーのお手入れ方法を教えます

買い取ってもらう前にお手入れを

不要になったアクセサリーを買い取ってもらう前には最低限お手入れをしてから査定してもらいましょう。これはアクセサリーの状態によって査定金額が大きく変わる場合があるからです。汚れていたり、金属であればくすんでいたりすると査定金額は下がります。今までありがとうの気持ちも込めてきれいにお手入れしてから査定に望みましょう。
アクセサリーの材質や形状によってお手入れの方法は変わってきます。ピアスなどの繊細な作りのアクセサリーや24金等の柔らかい金属で出来ているアクセサリーは、磨きすぎると傷がついたり破損したりしてしまう恐れがありますので、必ず材質や形状によって最適なお手入れの方法を調べてから行うようにしましょう。
では手軽に出来るアクセサリーのお手入れをいくつか紹介したいと思います。

手軽に出来るアクセサリーのお手入れ

シルバーや銅、真鍮といった金属で出来たアクセサリーは食用のお酢でくすみや汚れを簡単に落とすことができます。まずお酢と水を2:1の割合で混ぜた液体にアクセサリーを半日から1日程度浸しておきます。この時のお酢は米酢ではなく柑橘酢にしましょう。あとは液体からアクセサリーを取り出し、柔らかめの布で磨きましょう。メガネ用のウエスがおすすめです。注意点としては酸の強いお酢は使用しないという事です。アクセサリー自体が劣化してしまい逆効果です。
ピアスや細かい作りのネックレスはパソコン用のスプレー式エアーダスターを散布する事でほこりや簡単な汚れなら取り除くことができます。
いずれも肝心のアクセサリーが破損したりしないよう細心の注意を払って行いましょう。

© Copyright Store Brand Purchase. All Rights Reserved.